お子様の歯並びに

0
    こんにちは!歯科衛生士の荒川です。まだまだ寒い日が続きますね。体調管理に気をつけて、日々元気に過ごしましょう(^^)/

    さて、今回は“プレオルソ”についてのご紹介です。“プレ”は“以前”や“試験的”という意味で、“オルソ”は歯科矯正のことです。ですので、プレオルソは事前矯正ということになります。
    小児さんを対象とした、マウスピース型の矯正です。
    既に始められて、効果が出てきているお子さんもいらっしゃいます!
    当院の患者さんの一症例です????


    プレオルソ開始前
    開始後6ヶ月


    上の前歯が前方に出ていらっしゃったのが…

    良い位置におさまってきました!


    成長期に歯が整って並ばないのは、実は顎の成長の仕方に関係します。口の周りの筋肉(外からの圧力)と、舌の力(中からの圧力)のバランスが崩れたまま成長すると、下顎が小さく出っ歯になってしまったり、逆に上顎が抑えつけられ下顎が突き出たかたちになります。また、顎の成長が小さいと大人の歯は並びきらず、乱食いになります。プレオルソをお口に入れて過ごす事で、お口の外からの圧力と中からの圧力のバランスが整い、正常な歯並びに導かれます。

    只し、症例によっては限界があります。その場合は本格的な矯正が必要となります。

    プレオルソの効果を発揮させる為に、同時にご案内している“あいうべ体操”も大変重要です。
    “あいうべ体操”については、次回の投稿で詳しくご紹介したいと思いますので、是非ご覧ください。
    それでは☆


    スポンサーサイト

    0
      • 2019.04.15 Monday
      • -
      • 09:54
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック